Branding with creativity

WHO WE ARE?

Identity Tokyoは
デザイン思考で、
持続可能なブランドを
育てるパートナー。

For sustainable brands through design thinking.

  • PURPOSE

    パーパス策定
    1. アイデンティティの明確化
    2. パーパス(存在意義)の策定
    3. ブランドストーリーの構築

    社内外から共感を得る組織に。

    ブランドの言語化として近年注目されているPURPOSE。
    それは自分だけがどうしたいかではなく、自身の価値によってより良い社会の一端を担うべく、自らの意欲と行動を宣言するものです。社会課題が多々ある中、ブランドには人々の共感が必要です。
    パーパスはその共感を得るために非常に有効であると私たちは考えています。
    Identity Tokyoは独自のプロセスで、パーパス開発およびそれを体現するブックを制作します。

  • CORPORATE IDENTITY

    CIデザイン
    1. コーポレートネーミング
    2. シンボル・ロゴタイプデザイン
    3. デザインガイドライン

    想いを込めた、持続可能なCIを開発。

    ブランドの顔とも言われるコーポレートアイデンティティ。
    たったひとつのマークや文字列によってブランドをシンプルに表現するので簡単にできそうに見えますが、非常に思慮深く取り組む必要があります。
    パーパスを開発する過程で組織の特徴や大切にしているものを私たちが体感することで、表層的ではなく持続可能なCIデザインを開発します。

  • BRAND STRATEGY DEPT.

    ブランド戦略室
    1. ブランド戦略室の設置
    2. CDO(チーフデザインオフィサー)の配置
    3. デザイン人材の育成

    デザイン人材でブランド戦略を。

    外部人材を登用してブランドの基礎を作っても、それを維持していくのは組織内部の人たちです。優れたブランドは一貫したメッセージと表現を発信し続けていますが、内部では細やかな管理が必要となります。
    Identity Tokyoでは経営者直轄のブランド戦略室の設置を推進。人材の採用と教育。
    状況に応じてブランド戦略室を一時的に担い、組織のブランディングリテラシーを向上させます。

  • INNOVATION

    イノベーション創出
    1. デザインリサーチ(調査)
    2. デザインアナリシス(分析)
    3. アジャイル型プロトタイプ開発

    新しい価値を持つ製品・サービスを創り出す。

    価値は時代と共に変わるもの。今ある製品やサービスに満足せず常に未来を見据える姿勢がブランドには必要です。
    Identity Tokyoではデザイン思考を用いて調査・分析・試作の循環を作り、イノベーティブな製品・サービスを共に創り出すお手伝いをします。

CONTACT

弊社へのお問い合わせは、以下のフォームからご連絡ください。
は必須項目です。

お名前
ふりがな
会社名/屋号
会社URL
メールアドレス
電話番号
内容