P.K.G.Tokyo, Inc.

  • Graphic
  • Package
  • Construction
  • Illustration
  • Character

「ショクラク 乾燥鍋いしかり」

シズル感とはなんですか?石狩鍋にとってのシズル感とは、鮭であり、北海道である。つまるところそれは熊であり、そして土鍋である。アイデアがシンプル明快であればあるほど、定着が全てです。直筆でなければ描けない線を引くことで生まれるキャラクター性こそがシズル感となる「乾燥鍋いしかり」は、「乾燥鍋」ブランドの“始まり”のデザインと言えます。パッケージデザインコンテスト2018グランプリの獲得から始まったイニシャルゼロ案件として、ブランドの成長をクライアントとともに見届けゆくことが楽しみな、成長指数が未知数のプロジェクトです。

Client:ショクラク
Art Direction:天野和俊
Design:天野和俊、佐藤光

Related Projects