P.K.G. MAGAZINE | パッケージを考える

NEWS

すだち酒スパークリング「あわす」がKURANDより発売されました

モデル・ブランドディレクターとして活躍する村田倫子さんプロデュースのすだち酒スパークリング「あわす」。
こちらの制作に弊社も携わらせていただきました。

のみきりサイズの缶はイラストを大きくあしらっています。
泡とすだちに包まれたゆったりとしたどこか浮遊感ある空間。
お酒を飲んでいるときの開放的をイメージして描き、レトロな雰囲気の佇まいに仕上げました。

こちら「あわす」の名の通り、食事と合わせても美味しいお酒です。
甘すぎない心地の良い味わい、炭酸とすだちの酸味でさっぱりといただけます。

セット販売に加え、1本単位からも販売開始となりました。
頑張った自分へのちょっとしたプレゼントとして、「あわす」で自惚れ時間を過ごしてみませんか?

すだち酒スパークリング あわす
パッケージ:270 ml 缶(単品 / 6本入り箱 / 24本入り箱 )
品目:リキュール(発泡性①)
アルコール分:6%
製造元:本家松浦酒造場
販売者:リカー・イノベーション株式会社

販売サイト KURAND
https://kurand.jp/products/awasu?variant=32307132366903

公式サイト
https://awasu.me

P.K.G.Tokyo 佐藤 光

NEWS

「UMESHU THE AMBER」が発売されました。

リカー・イノベーション株式会社から、新商品「UMESHU THE AMBER」が発売されました。
厳選された梅を使用して、年代ごとに異なる味わいを醸す3種のヴィンテージ梅酒のセットです。

梅酒にヴィンテージ、あまり聞きなれない組み合わせです。
通常の梅酒は、傷がついてしまったり通常の出荷が難しい商品をお酒にする場合が多いそうです。今回の「UMESHU THE AMBER」は山本譲氏が丹念に仕上げた正規の南高梅を贅沢に使用。こだわりの素材をヴィンテージで仕上げたため、香りの華やかさや味わいの深みが従来の梅酒と段違いです。それでいてえぐ味のないスッキリとした後味で飲みやすさもあります。私は初めてひと口含んだ瞬間に思い描いていた梅酒の味わいとの違いにびっくりしました。また飲み口のまろやかさや口に含んだ時の鼻に抜ける香り、3種それぞれに個性があり、その日の気分に合わせて永く楽しめるセットになっています。梅酒好きはもちろん、普段はウィスキーや日本酒を嗜まれる方にもお勧めできる味わいです。

今回はネーミング・コンセプトからP.K.G.Tokyoで考案しています。年代ごとに違う琥珀色がキラキラと美しく、それを生かした作品にできればと考えていました。従来の梅酒より、ちょっと大人な味わいと琥珀色を表現した「UMESHU THE AMBER」という商品名にさせていただきました。パッケージは梅の産地、紀州に伝わる伊勢型紙の文様をあしらいました。文様から抜ける液色の色を楽しめるよう、ラベルは白一色で抜き加工を施しています。

昨年「令和」に元号改正がありました。出典は「万葉集」の梅花の歌、三十二首の序文からだそうです。新しい時代の始まりにぴったりな少し贅沢な梅酒です。大切な人や自分への贈り物として、楽しんでみてはいかがでしょうか。


KRAND/EC特設ページ UMESHU THE AMBER

P.K.G.Tokyo :白井 絢奈

カテゴリー

ピックアップ

1 2 3 4 5 17
MENU